これで解決!コンディショナーの選び方と活用術

これで解決!コンディショナーの選び方と活用術

コンディショナーを効果的に使おう

コンディショナーを洗い流すときの注意点とは

2017/06/05

コンディショナーは髪の外側をコーティングして潤いのある状態へと仕上げてくれます。見た目にも美しくなりますので必要なヘアケアです。よく混同されてしまうのがトリートメントなのですが、トリートメントは髪の毛の内側から補修や修復をしてくれるものですので、根本的な違いがあります。外側からも内側からもヘアケアを行いたい時には、両方を使う必要があります。シャンプーだけの洗髪法を実践している人も中にはいますが、髪の毛を守り潤いを保つという目的においては良いことではありません。

コンディショナーを使った時には髪の毛に栄養分をしっかりと届けることができますが、きちんとすすがないと油分が頭皮に付着したままになってしまいます。油分が残ると臭いの原因になりますし、汚れもつきやすくなりますので衛生的な面でも問題が生じます。それ以外にも、刺激成分が含まれていると皮膚トラブルにつながりますので、使用後はよく流すことが大切です。

流す時の注意点としては、コンディショナーを髪の毛につけたら時間を空けずにすぐ流すことが大切です。これもトリートメントと混同されてしまい、少し時間を置いてから流すのが良いと考えてしまうことがありますが、コンディショナーの場合にはすぐに流すようにします。髪の毛につける時に毛根の方にはつかないように気をつけることも大切です。万が一頭皮についてしまったら、十分にすすぐようにします。

どれ位流せば良いのかと言うと、コンディショナーの持つぬめりがなくなるまでです。ぬめりがある間は油分がたくさん残っている状態であり、毛穴詰まりの原因になってしまいます。そのままにしてしまうとフケや皮膚に赤みが現れるようになりますので、ぬめりがなくなったと感じられるまで流さなければなりません。薄毛に悩む人はあまり使用しない方が良いと言われることがありますが、それは頭皮に付着したままになってしまう場合のことですので、しっかりと洗い流せば問題ありません。

-コンディショナーを効果的に使おう