これで解決!コンディショナーの選び方と活用術

これで解決!コンディショナーの選び方と活用術

コンディショナーを効果的に使おう

コンディショナーは2回にわける?正しい髪の洗い方

2017/06/05

シャンプーの後に用いるものとして、コンディショナーとトリートメントがあります。コンディショナーは髪の表面をコーティングして、外部からの刺激や汚れなどから髪を守る役割を果たし、トリートメントは髪の内部を補修する役割を果たしています。その2つのうち、ここではコンディショナーでの正しい洗い方について詳しく見ていくこととします。

まず始めに用いる順番については、シャンプーの後にトリートメント、最後にコンディショナーという順番が基本となります。先述したようにコンディショナーの目的は髪の表面をコーティングすることなので、最後に外側からカバーをするという意味で最後に用いると考えるようにすれば良いでしょう。次に具体的な洗い方ですが、これについては誤解している人が多いため、 少し詳しく見ていきます。コンディショナーは、髪に馴染ませるために、付けた後少し時間を置くということや、効果を高めるために完全には洗い流さず、若干ぬるぬるした状態にしておくことなどという認識が広まっています。しかし、これらは誤りであり、場合によっては髪だけでなく頭皮も傷めることに繋がります。

望ましい方法としては、まず適量を毛先の方から頭の頂点にかけて、2回に分けて馴染ませていきます。髪全体に馴染ませたらすぐに十分なお湯で洗い流すようにし、ぬるぬるした部分がないようにします。その理由として、コンディショナーは髪の油分を補う働きを持ちますが、その油分が残ってしまうと、フケやかゆみ、髪のべたつきなどの原因となるからです。洗い流した後はタオル等でしっかりと水分を拭き取り、ドライヤーで十分乾かすようにしましょう。最近では洗い流さないコンディショナーが販売されており、その結果あまり洗い流してはいけないものというイメージが強くなっている傾向にあります。洗い流さないものは別として、普通のものを使うときには、髪に馴染ませつつ、しっかりと洗い流すことを意識しておきましょう。

-コンディショナーを効果的に使おう