これで解決!コンディショナーの選び方と活用術

これで解決!コンディショナーの選び方と活用術

コンディショナーの意外な活用術

コンディショナーが柔軟剤に?意外な活用法

2017/06/05

コンディショナーは、柔軟剤として使うことができるそうです。シャンプーやコンディショナーなどは、メーカーさんからサンプル商品としていただくこともあり使わずに残ってしまうこともあるでしょう。また、シャンプーとコンディショナーを同時に購入して使っても使用量に差がでてしまうことがあり余ってしまうことも多いでしょう。そういった場合は、もったいないので柔軟剤として使ってみましょう。そもそも、コンディショナーは髪のもつれをなおしてキューティクルを守りつやつやサラサラにしてくれるものです。柔軟剤として使うということは、その効果を衣類にも利用するということです。柔軟剤は衣類の布の繊維を柔らかくしてふわふわにし、ついでによい香りを付けるというものです。つまりは、目指しているところはほとんど一緒だといっていいでしょう。

実際にコンディショナーを柔軟剤として使う時には、大切な衣類が大変なことになってしまっても困るので、まずはバスタオルで試してみるのがオススメです。バスタオルなら、少しくらい大変なことになったとしても他人の目には触れないものですしなにより本当に代わりになるのかどうかを知るためにはよいでしょう。使う時には、必ずコンディショナーを水で薄めましょう。

だいたい水250mlに対して10mlの割合でよく溶かします。濃度の濃いコンディショナーは、なかなか混ざりにくいですができるだけしっかりとよく混ぜましょう。それを、普通の柔軟剤と同じように使って洗濯します。干す時もいつもと同じように干して大丈夫です。仕上がりは、柔軟剤を使った時のようにふわふわに仕上がります。香りの方は、ほんのりと付くくらいですがいい香りが残りますので、ほとんど変わりがないといってよいでしょう。なので、たまたま柔軟剤を切らしてしまいコンディショナーが余っているようなら緊急対策として応用できる便利なワザだといえるのではないでしょうか。

-コンディショナーの意外な活用術